補償内容に注目

大手ペット保険会社の魅力はなんといっても補償内容が充実している点です。

ペット保険は損害保険を母体としているものと少額短期保険を母体としたものとの2種類に分ける事ができ、それぞれに違う特徴を持っています。損害保険でも資本金が多いいわゆる大手ペット保険なら通院・入院・手術の3つの補償を通常受ける事ができますし、上限なしというのもあります。基本的には7割負担と5割負担の2つのプランが一般的には基本となりますが、その中でも年齢に応じて保険料が加算されていきますから、ペットを飼い始めたら保険に入るというように覚えておいて正解です。

通常は初期で全額負担してからキャッシュバックしてもらうというのが基本なのですが、これだとガンのように高額医療にかかった場合は、治療代として数百万円をまず自腹で支払える事が前提になってしまうゆえに、保険加入が厳しいという人もいるでしょう。人間同様保険証を用意して窓口支払いから負担してくれる補償も見つける事ができる他多頭飼い割引など、多種多様なオプションも必要に応じて利用できるのが特徴です。一方少額短期保険の場合は少額資本で運営開始できる保険ですから、さすがに損保のようにいくつもの補償は準備できないものの単品保障が基本ですから、“この病気での補償”というように保障して欲しい項目が決まっている人にはオススメです。