お得感が強い

ペット保険の中でも大手を勧められる理由の1つは運営がしっかりしている事であり、さらに全国のどこにある動物病院でも同じサービスを受けられる事などもあげられます。

大手有名動物病院は共済・少額短期・損害保険と種類も多々ありますし、それぞれにお得感を少しでも実感できる方策を、多種多様作成して他社との差をアピールしています。基本的には通院・入院・手術の3本柱で運営されているものが多いのですが、中には人間の保険のように特約をつけているものや、ペット保険特有の“噛みつきによって第三者に怪我を負わせてしまった時の補償”が選択できるものもあります。その他独自の割引サービスを展開しているところもありますから、いくつか資料を取り寄せて条件に合致できるものを選択すると良いでしょう。

少額短期保険のように同じペット保険でも小資本でスタートしたものもありますが、損害保険会社のようにセット商品としての補償というよりも“手術だけ”“通院だけ”というように単体でのサービスなど損保や他の保険にはない独自の補償をつける事で、人気や登録数を伸ばしてきたものもありますから、資本の大きさだけでは判断できないものもあります。

大手で補償が厚いと月々の支払いも高額になるように思えるのですが、保険料を安く抑えなおかつ手厚い補償をしてくれるものもありますから、あきらめずに探してみてください。

補償内容に注目

大手ペット保険会社の魅力はなんといっても補償内容が充実している点です。

ペット保険は損害保険を母体としているものと少額短期保険を母体としたものとの2種類に分ける事ができ、それぞれに違う特徴を持っています。損害保険でも資本金が多いいわゆる大手ペット保険なら通院・入院・手術の3つの補償を通常受ける事ができますし、上限なしというのもあります。基本的には7割負担と5割負担の2つのプランが一般的には基本となりますが、その中でも年齢に応じて保険料が加算されていきますから、ペットを飼い始めたら保険に入るというように覚えておいて正解です。

通常は初期で全額負担してからキャッシュバックしてもらうというのが基本なのですが、これだとガンのように高額医療にかかった場合は、治療代として数百万円をまず自腹で支払える事が前提になってしまうゆえに、保険加入が厳しいという人もいるでしょう。人間同様保険証を用意して窓口支払いから負担してくれる補償も見つける事ができる他多頭飼い割引など、多種多様なオプションも必要に応じて利用できるのが特徴です。一方少額短期保険の場合は少額資本で運営開始できる保険ですから、さすがに損保のようにいくつもの補償は準備できないものの単品保障が基本ですから、“この病気での補償”というように保障して欲しい項目が決まっている人にはオススメです。

ペット保険なら大手に

今回のテーマは“大手のペット保険について”です。大小様々なペット保険が運営されている中でどのペット保険を選ぶかと悩んでいるなら、オススメはやはり大手保険会社が安心です。もちろん小規模保険会社の中にも誠実に飼い主とペットのためにと、動いてくれているところは多いのですが、その誠実な業者を多々ある中から選び出すのは手間がかかりますし、後になってからトラブルになったとなると、それも避けたいのが本音です。

人気ランキングサイトをのぞけば常連の業者がいくつか出てきますから、初めて保険を利用する人はまず無難なところから利用してみるのがオススメです。国内で大手人気ペット保険と言われているものが3社ありますが、それらに共通している点がいくつかあります。全国の動物病院で同じサービスを受けられますから急な病気にも対応できる点、補償が充実しているゆえに万が一の時にも安心できる点、資本も豊かですからすぐつぶれてしまう不安もありません。さらに近年の流行で獣医師による健康相談やしつけ相談なども受けられる事もありますし、割引サービスや各種特典がついてくる事もあります。

人間の保険でもあるように手厚い補償ですと保険料も高額になる心配がつきまといますが、とても良心的な費用で利用できるものもありますから、あきらめずに探してみてください。大手有名保険会社の多くは損害保険が運営されていますが、少額短期保険といって補償期間や補償内容に特定の制限をおいている代わりに保険料を安く押えられているものもあります。状況に応じて保険会社を選択できます。